| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャバ嬢が労組を設立したってニュースどうよ

キャバ嬢が労働組合を設立するって、どっかピントがズレてますよ。

いやなら、やめるしかないじゃないの。
何、甘ったれたこといってんのよ。
お水の世界は競争が激しいのよ。

キャバクラなどの飲食店もビジネスなんだよね。

キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求
12月22日 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000135-jij-soci

賃金未払いや職場環境の改善を求めて、キャバクラで働く女性ら約10人が22日、労働組合「キャバクラユニオン」を都内で設立し、厚生労働省で記者会見した。キャバクラの女性従業員でつくる労組は初めてという。

労組メンバーらは、店側が「罰金」と称し、さまざまな名目で給料から不当な天引きをしていると指摘。

売り上げの伸びない女性に嫌がらせをし、退店に追い込む悪質なケースがあるほか、男性従業員によるセクハラも多いと訴えた。

代表者の20代の女性は「『楽して高給がもらえる』などと言われるが、天引きの結果、月収が10万円に満たない女性も少なくない。現実は違うことを知らせたい」としている。

同労組は女性従業員を対象に、電話相談窓口を27日正午から午後10時まで開設する。電話番号は03(3373)0180


でも、月収が10万円に満たないなら、衣装やヘア、それにメイクもお金かかるので、割に合わないですね。

てか、なんか、かわいそうな気がしてきた。

スポンサーサイト

投資家まりのFXのひとり言

FXやCFDなどの証拠金取引では、毎日金利が発生します。

先物取引は期日が決まっているから、金利ではなく価格で金利分を調整しているんです。

証拠金取引って、すべての取引が即日のようなもなの。

なので、翌日まで持ち越すと金利調整が生じてしうわ。

FXのスワップポイントは円と外貨の金利差。
外貨の金利とイコールではないのよ。

これは、外貨を買っているんじゃなくて、証拠金を差し入れているだけですから、余ったキャッシュは円で運用できるのですよ。

わkりやすくいうと、1万米ドルの買った場合、

1米ドル=100円だと、

手元にキャッシュが100万円あったとしても、

実際に必要なのは、FX業者により、額は違ってきますが、10万円とか、1万円の証拠金でいいのですよ。

この証拠金に対する取引金額の倍率をレバレッジといっているわけで、10万円なら10倍、1万円なら100倍となります。

証拠金を10万円とすると、残りの90万円は円のキャッシュのままですから、預金すれば円の金利がつきます。

これで1万米ドルの金利までフルにもらえたら二重取りになるので、円の金利分は差し引かるってわけ。

もっとも、これまで円の金利だけが低かったので、あんまし意識されてこなかったのよ。

ただ、このスワップポイントも業者によって違うし、円のキャッシュも何で運用するかによって金利が変わってきます。

なので、何が有利かという正解があるわけじゃないところが、FXのオモシロイところです。

続きを読む

のりぴーさんの事件報道で、登場したもう一つの億ション

東京郊外の春にはサクラが舞い、小川のせせらぎが聞こえてきそうな環境に立地する低層マンション。

ここに有名なタレントののりぴーさんが住んでいるとは、だれも思わないでしょう。

酒井被告が病院を退院後に、継母と住むと言われているマンションです。

報道陣が張り込んでいなければ、酒井法子の家だとは思いつきません。

結婚前は、ここで継母と2人暮らしをしていたところです。

母と2人で静かに過ごす場所という意味でも最高の立地だろう。

ここは最寄りと呼べるような駅はなく、静かで閑静な住宅街です。

建築制限もあって、立派な一戸建てが建ち並び、幹線道路にも面していない。

そのせいか、時の流れがゆるやかで上品な町です。

大物政治家もこの界隈に自宅を構えています。

不動産業者によると、築21年で130平方メートル以上、当時約1億円で分譲。

現在でも8000から9000万円くらいで取引されているようです。

低層マンションで、駐車場にはベンツ、BMW、ポルシェなどの高級外車が駐車されています。

車での出入りさと、報道陣に接触することもありません。

ただ、今は、のりぴーさんは戻ってはいないようです。

資産価値の高いマンションを所有していますね。のりぴーさんは。

のりぴー酒井法子さんの南青山のタワーマンション

覚せい剤取締法違反の事件で、芸能活動が休止に追い込まれた酒井法子。

事件の報道では、2つの億ションの映像や写真が登場しました。
芸能人のマンション選びが少し見えてきます。

酒井法子さんは、2つの億ションを主有しています。

東京・南青山の白壁のタワーマンションと東京郊外の低層マンション。

このマンションは、23階建ての2004年竣工のタワーマンションです。

南青山界隈では唯一のタワーマンションとして発売開始時は人気がありました。

不動産業者の話しでは、東京メトロ銀座線の3駅が徒歩10分以内という好立地で、青山霊園を借景に緑もすぐ近くにある環境。

マンションの発売時の価格は、約1億円から5億円で、総戸数は147戸。

のりぴーさんは中層階を所有しているようです。

このマンションでは、セカンドとして使用している人、賃貸に出している人もいます。

最上階のペントハウスには某有名歌手が衣装の倉庫代わりに使っているともいわれています。

現在の上層階の価格は4億円以上だという。
人気の南青山界隈では貴重なタワーということで、希少性は高いようですね。

芸能人にとって港区、渋谷区などは、TV局、レコード会社、事務所などが近く職住接近という意味でも魅力がある場所です。

面が割れているだけにプライバシーとセキュリティーは絶対に確保したい。

そうした需要も満たすマンションは多いのです。

ロスカットはFXで重要です

世界中の多くの人が楽しい気分になるクリスマスウィークがやってきましたね。

このクリスマスシーズンに入るにかけて、相場は徐々に取引量が減って、値動きが小さくなっていく傾向があります。

欧米ではクリスマスシーズンは、トレードを休憩して家族や友人と楽しく過ごすという文化があるからです。

しかし、その分波乱が起きやすくなるのも12月、1月の相場です。

実際、先週もアップダウンが激しく、ボラティリティー(1日の変動幅)も大きい展開が起きていました。

なぜ、そんな展開になるのか?

相場を休む = ポジションを決済する

ということですから、多くの人が決済することで相場は動き安くなるからです。

そして次に、休憩を終えてトレードを開始する
= 新規ポジションを立てる

多くの人が新規エントリー注文を入れる事でまた相場が動きます。

ですから、値動きが小さくなる前後には相場は大きく動きやすい傾向があるんです。

事実、2006年の年末年始も、2007年の年末年始も、2009年の年始も波乱かどうかはその人の主観によるところですが、相場は大きく動きました。

そういった流れ乗った人は短期間で大きな利益を上げていい感じ、流れに乗れなかった人は残念!だけどまだマシ。

大変なのは、流れに逆に乗ってしまった人です。

せっかくの年末年始の楽しいひと時が、一瞬で凍りついてしまいます。

そして、おそらくですが、欧米の投資家に比べて、日本の投資家の方が凍りついてしまう人は多いです。


それは、クリスマスの文化がもともと欧米のモノですから、12月、1月の相場も欧米の投資家の動向によって作られているという側面もありますが、

一番大きな要因は、日本の個人投資家は“感覚でトレードを行っていて、損切りについてもその場の感覚や感情でしてしまっている方が多いからです。

損切りを100%自動的に実践し続けるのは確かに簡単な事ではない、と思われる方は多いです。

つい、損切りを怠ってしまう。

つい、損失を嫌がって、損切りを我慢してしまう。

どうしても、損切りした後に相場が回復するのを見るのが悔しい。

そんな感じでしょうか?

損切りはやはり出来るようになることは投資の世界では必要ですね。


損切りを入れるメリット、デメリット。

損切りを入れないメリット、デメリット。

それらを分かって、損切りを入れない、あるいは損切りをその場で判断してやっている、といった感じです。

だったら大丈夫です。

でも、多くの人は、ただなんとなく損失を出すのが嫌だからとか、待っていたら回復するからといった事で、損切りを入れないで、我慢しようとします。

年末年始の相場は、波乱が起きやすいです。

それは過去の相場から明らかです。

先週も大きな値動きが展開されていましたが、もしかしたら、値動きが終息せずに、今週も大きく動きっぱなしかもしれません。

投資や金融について、しっかりと学びたい方はファイナンシャルアカデミーがおススメです。
ファイナンシャルアカデミー

それでは、よいクリスマスを!

FXのくりっく365で東京金融取引所を集団提訴する動き

東京金融取引所を集団提訴する動きが表面化していますが、その原因は、10月31日にくりっく365における南アフリカランドのビッド(買い)レートだけが一気に30%も下落したというものです。

取引所におけるレートというのは、取引所に参加している人のみで決まり、その外で行われている取引は関係ありません。

株など、商品によっては取引所が開いている間は基本的に取引所以外で取引されないものもありますが、FXは逆に取引所以外で取引するほうが普通です。

だから、他の業者のレートは普通だったというのは事実ですが、だからといって、取引所も同じであるとはならないのです。

取引所には、マーケットメーカーといわれる業者が参加しています。
マーケットメーカーは、売り買いともに常時レートを提示することになっています。

マーケットメーカーも参加者ですから、取引所にレートを提示するということは、注文を入れることと同じであり、そのレートで注文が入ると約定されるということです。

つまり、ビッドに11円というレートを提示すると、11円でランドを売りたいという人が来ればマーケットメーカーは11円で買わなければいけないわけです。

ただし、無制限に売買できるわけではなく、応じられる量には限度がありますから、マーケットメーカーはレートだけでなく取扱高も提示します。

10万ランドであれば、約定高が10万ランドに達するまで取引に応じることになります。

マーケットメーカー各社がレートを提示するわけですが、参加者にとってもっとも有利なレート、すなわちもっとも高いレートを提示しているマーケットメーカーのレートが公開されます。

取引システムによっては、すべてのレートを見れるようになっている場合もあります。

市場環境によっては、マーケットメーカーは取引に応じたくない場合もあります。

その場合でもレートは提示しなければなりませんから、8円とかいった極端に低いレートを提示することも、何らかの禁止措置がとられていない場合はありえます。

買いたくないのに買わされるとなると、じゃあいくらなら買うよといって、極端に低いレートを提示するのは別に問題にされることではないのです。

ただし、逆に禁止措置をとった場合は、いわゆるストップ安のように買い手不在で取引が出来なくなってしまうこともありますから、どんなレートであれ提示できるようにするのとどちらがいいのかは、一概には言えません。

さて、普通のレートを提示していたマーケットメーカーの取扱高がすべて約定してしまった場合、それらのマーケットメーカーが新たにレートと取扱高を提示するまでの間、極端に低いレートである8円が最も高いということも理論的にはありえるわけです。

ですから、誤った相場情報を発信したという主張にはちょっと無理があるように思えます。

これが米ドルやユーロのように、取引が非常に多い通貨であればこういったことはまず起こりません。

いってみれば1ドル70円状態ですから、こんな極端に低いレートより上のレートの取引がすべて約定してしまうということがあまり考えられないからです。

これは流動性が低い状態であり、そのような通貨は、流動性リスクが高いという言われ方をします。

売りたくても売れないということですから、商品を選ぶときは、流動性も考慮しておく必要があります。

投資や金融について、しっかりと学びたい方はファイナンシャルアカデミーがおススメです。
ファイナンシャルアカデミー

ムーンライト・エイドスファンド

ヘッジファンドと聞くと・・・

 ・ リスクが高そう
 ・ 手数料が高そう
 ・ 難しそう

なんて思いますが、ムーンライト・エイドスファンドは極めて分かりやすい投資手法の投資信託ではないかと思います。

ムーンライト・エイドスファンドは、日本で唯一の女社長竹村尚子さんが率いるヘッジファンド会社が運用しています。

ムーンライトキャピタルの竹村さんは、1989年より米国大手年金基金のTIAA-CREF(全米大学教職員年金基金)で米国人以外で初めて日本株の運用に携わり、2001年には、『Forbes』誌の世界のベスト・ファンドマネジャー20人に選ばれるという経歴を持ち、日本で女性としては初の投資ファンド会社を設立された方です。

竹村尚子さんはこんな方です。
竹村尚子さんのプロフィール

全体の資産のうち、キャッシュベースで約1~2割程度を日経225先物・オプションでアグレッシブに運用します。

そして、残り約8~9割程度を安定資産と言われる短期公社債などで運用を行います。

この商品は過去、金融機関向けに販売された実績があり、リーマンショック以降でも堅調な実績を残しています。

なぜ、そんな実績が残せるのか?

それは、竹村社長の長年培ったキワメテ斬新な運用理念があったからです。

一般に資産運用は、「いかにして運用成績を上げるか」という点に注目して運用されています。

このファンドは、「いかにして資産を減らさないか」ということをポイントにした商品の発想からきています。

この考え方をアルゴリズム運用(システム売買)で実現することで、人的感情の一切を排除し、徹底したリスクコントロールを実現させました。

また、デイトレード運用の発想で、毎日、日計りのトレーディングをすることで、日本の相場が休んでいる間に起こる海外市場の急激な相場変動でも、その日にあった運用が出来るのです。

まとめると、

ムーンライト・エイドスファンドの運用モデルの魅力とは・・。

 1.デイトレーディング運用
 2.安定運用(日経225先物・オプションと短期公社債組入れ)
 3.アルゴリズム運用
 4.円建て運用

だから、これまで高い運用実績が残せたのです。

収益不動産投資成功法は頭金「ゼロ」からできます

不動産投資で成功していただきたいあなたに、
今田さんの『光速』収益不動産投資成功法の中身をここに公開します。

以上のような内容になっています。



『光速』収益不動産投資成功法の内容

はじめに

第一部 たった5ヶ月でリタイアできた「収益不動産投資成功法」

第0章 「リタイア前夜」 ・・・P23

■ リタイア前夜
■ 『光速』でリタイアできる不動産投資の手順 
~非常識な成功パターン~
■ 大切なことはたった1つしかない

第1章 「頭金「ゼロ」でできる不動産投資の手順」・・・P28

■ リタイアは戦略だ!
■ 私の失敗事例と成功事例 
~あなたは3年もかける必要がない~
■ 非常識な成功パターン、セオリーを打ち破れ

第2章 「死ぬほど大切な戦略的物件選択」 ・・・P41

■ 99%の投資家が陥る罠
■ 物件を見極める最大のポイント ~3秒で見極めろ~
■ 私の失敗事例

第3章 「銀行から借りてくださいと言わせる融資戦略」・P49

■ 融資しない銀行は相手にするな
■ 銀行の基本的行動原理
■ 銀行の融資基準大公開
■ 融資期間はこう決まる
■ 融資金額算出のための項目と影響
■ SMBCの融資基準
■ その他の収益還元法を採用している銀行、金融機関

第4章 「そしてあなたのサクセスストーリーが完成する」P62

■ みさなん、考えて無さ過ぎ
■ なぜあなたはリタイアしないのか?
■ サラリーマンだからこそ容易にリタイアできる
■ あなたのセルフイメージは何?億のカベを超えろ!
■ メンターをつくろう
■ あなたならリタイアできる


第二部 「 実践!『光速』不動産投資 」

第5章 「実践!『光速』不動産投資」 ・・・P72

■ 不動産市場の歪みを狙う
■ あせるな! 高利回り物件なんていくらでもある
フルローン物件だっていくらでもある
■ 物件情報がドンドンはいってくる不動産会社とのつき合い方
■ 物件が無ければ物件を創り出せ!指値の秘術とは?
■ 物件の地域にこだわる?
■ 物件の人口動向は気になる?
■ 『今田式』収益シミュレーション
キャッシュフロー試算、リスク試算方法
■ レントロールに騙されるな!
■ 価値ある物件を定義せよ、物件の躯体構造
■ 現地・現場・現認主義 ~物件は必ず見ること~
■ ババを引くな!現地で物件を見極めろ!
■ 物件をモノにする「買い付け」の入れ方
■ 利益を生み出す、売買契約書の結び方
■ リスクを回避する、特約事項の書き方
■ 余分な税金を払わずにすむ、土地、建物割合の決め方


第6章 「実践!戦略的融資」 ・・・P117

■ メインバンクなんて必要ない!
■ サラリーマンだからこそ銀行は喜んで金を貸す
融資金額が大きいほど担当者はうれしい
■ 短期で連続して借りるには
■ 本気でやるなら法人をおこそう
■ 融資依頼資料の秘密
■ さて、融資を受けに行こう!
■ 融資は理論。あなたの気持ちは関係ない
■ 都市銀行、地方銀行、信用金庫、
政府系、信託系、ノンバンク特徴と使い方
■ 都市銀行で融資を受ける
■ 地方銀行で融資を受ける
■ 信用金庫で融資を受ける
■ 信託系で融資を受ける
■ 政府系で融資を受ける
■ ノンバンクで融資を受ける
■ 固定金利?変動金利?
■ 金利は交渉すること
■ 共同担保を要求された。さぁどうする?

第7章 「実は一番大切な出口戦略」 ・・・P148

■ 出口戦略なき投資は失敗する
■ さぁ、どれが一番儲かる?
■ 物件には寿命がある
■ 出口は4つ
■ 出口戦略 ~転売のために~

第8章 「既に物件を持っている人のための成長戦略」・・P172

■ 自分の物件を査定! あなたは、はまっていないか?
■ 物件を保有しキャッシュフローが赤字
融資期間が法定耐用年数を超えている
■ よくある質問!自宅を持っているのは有利か?
他にもローンがあるんです

第9章 「更なる飛躍を求めて」 ・・・P175

■ 金利リスク、なぜ頭金を入れないのか?
■ リスクの正体
■ "選ばれた物件"を購入することの困難さ
■ サラリーマン大家さんの破綻と、銀行融資姿勢の変化

第10章 「実録!Kさん、5ヶ月でリタイア」 ・・・P184

■ 不動産をはじめたきっかけ
■ 不動産投資を始める前の勉強
■ 実践トレーニング開始
■ 初めての買い付け
■ 初めての融資成功
■ 一気に爆発! 複数同時購入に向けて
■ 甲信越物件の購入への道
■ 北陸物件、二番手から一番手に
■ 物件の特性に合わせた融資戦略の構築
■ 突然現れた3棟目
■ 3棟目もカンタンにフルローン
■ 現在の成績
■ 最後に ~ 知識から知恵へ ~

今田からあなたに伝えたいこと

■ 収益不動産投資のダークサイド


詳細はこちら
頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法

経済的自由を手に入れるための投資

私の投資についての基本的な考え方は、

1.安定的な収入を継続的に得ることができる。
  この収入を基本にして先々生活を行うことができる。

2.日本円以外の資産を2カ国以上で持ち、日本と合わせて3カ国の資産分散を行い、
  為替リスク、カントリーリスクを分散する。

3.お金は所詮お金でしかない。
  お金、そして投資に人生を振り回されるようなことがないように心がける。

人生の究極の目的は、「自由を手に入れる為の投資」であるということです。
お金・投資に振り回されるようなことなく、投資を余裕を持って楽しめる人生を送れるようになりたいですね。

上を見ればきりがありません。
お金があるからと言って幸せなわけではありません。
洗練された投資家になり、賢いお金持ちになりましょう。

いつでも自由に自分の時間を使うことができるようになりましょう。
一生将来の不安のない基盤を作り上げていきましょう。

では具体的に何処から順番に、何に投資を行うのが良いのか?

それぞれの考えもあるかもしれません。
投資に対しての好き嫌い、相性もあるでしょう。
様々情報を仕入れながら、自分にあった投資を行うこと。
これをしてもらえれば良いと思います。

そして、お金を一番有効に増やす方法は、実は、

節約です。

出ていくお金を最小限に抑えることです。

そして一番出ていくお金は何か? 

実は税金なのですよね。

タックスヘイブンの活用方法については、海外不動産投資家のチャーリー・タカさんの教材がオススメです。

【入門編&実践編セット!】世界中のお金持ちだけが知っている、税金を浮かせてお金持ちになる方法…日本人富豪チャーリー・タカが教える「タックスヘイブン究極の活用法」

【税金の奴隷から抜け出そう】4年で海外移住も夢じゃない!世界中のお金持ちだけが知っている、税金を浮かせてお金持ちになる方法…日本人富豪チャーリー・タカが教える「タックスヘイブン究極の活用法」

節税の分かれ道

12月になり、いよいよ年末が近づいて来ましたね。

まりの不動産管理会社は、12月決算です。

今年は、賃貸マンションのエントランス等の改装を大がかりな工事をしたので、不動産の修繕費と資産計上について、税理士の先生に聞いてみましたので、シェアしたいと思います。

例えば、会社の資産である賃貸マンションやテナントビルなどの建物、設備などに大規模な修繕をしたとします。

 この場合、この経費は、

  • 修繕費として、経費計上できるのか?

  • 固定資産に計上し、減価償却費として、一定の期間で経費になるのか?

判断しなければなりません。

この判断に関して、所有している固定資産に対する「原状回復」の費用は、金額に関わらず、修繕費として一時の経費でかまわないそうです。

このことを知った上で、資産計上か経費か判断する流れをみていきましょう。

(1)その額は20万円未満ですか?

 YES ⇒ 修繕費に計上
 NO  ⇒ (2)へ

(2)約3年以内の周期で行なわれるものですか?

 YES ⇒ 修繕費に計上
 NO  ⇒ (3)へ

(3)建物の増築など、明らかに資産価値が増大するものですか?

   用途変更のための模様替えはここに含まれます。

 YES ⇒ 固定資産に計上し、減価償却します
 NO  ⇒ (4)へ


(4)通常の維持管理の費用ですか?

 YES ⇒ 修繕費に計上
 NO  ⇒ (5)へ


(5)壊れた固定資産に対する原状回復の費用ですか?

 YES ⇒ 修繕費に計上
 NO  ⇒ (6)へ

(6)その額が60万円未満、または、前期末の取得価額の約10%未満ですか?

 YES ⇒ 修繕費に計上
 NO  ⇒ (7)へ


(7)継続して、次の経理処理をしていますか?

  次の(ア)、(イ)の少ない方を修繕費、残りの額を資産計上
  (ア)その額×30%
  (イ)前期末の取得価額×10%

 YES ⇒ 少ない方は修繕費でOK 
 NO  ⇒ その他の細かい判断へ

おおよその流れは、こうなるとの説明でした。

最後のほうは、わかりにくいですよね。

プロフィール

プロフィール画像

副業トレーダーJun

Author:副業トレーダーJun
FXをはじめた当初は、スキャルピングでしたが、コツコツドカーンで、1年半は月単位で負け続けました。佐野裕氏のFXビクトリーメソッドに出会ってから、トレードするチャートの時間軸を長くし、スキャルからデイトレ、スイングにトレードスタイルを変更し、利益が出るようになりました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

人気ブログランキングへ


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。